vol.7 ハルカミライ × INKYMAP 2対2 LINEでトーク

2バンドについて、THE NINTH APOLLO 渡辺 旭が知りたいことを聞いてみた。

何にも分かってない時から一緒にやってきたから、お互い裸で居る気持ち。

ブラザーバンドへ10の質問



ハルカミライ × INKYMAP

2対2 LINEでトーク

THE NINTH APOLLO 渡辺 旭が知りたいことを聞いていきます。

事前に考えた10の質問にざっくばらんに雑談しながら答えてもらえると嬉しいです。


橋本(ハルカミライ/Vo.)

須藤(ハルカミライ/Ba.)

Kazuma(INKYMAP/Gt.Vo.)

Jun(INKYMAP/Gt.)


2020年6月9日(火)20:00



渡辺代理:では、始めていきたいと思います!


Jun:了解ー!


Kazuma:OKでーす!


橋本:了解!!


Kazuma:俊いる?


須藤:来た!



1. ハルカミライとINKYMAPはライバルなのか?

Kazuma:いきなりむずいやつきた

Jun:俺からしたらライバルであり、なんでも話せる仲間であり、友達でもあるって感じかな!

え、始まってるよね?

橋本:うん!

ちょいまとめてるから待って笑


Jun:おっけー!

Kazuma:1番意識はしてるかな!同じとこから始まってるし!

めちゃんこ悔しい気持ちにもなれるし、やっぱり一緒に居て居心地が良いのもあるし!

これをライバルと言うのかは分かんねーけど!!

橋本:まあパッと振り返って俺もライバルって思ったことは無いかなあ!

上手くいってる時期いってない時期がお互いなんとなく悟ったりしてて、それ分かった上でなんでも話せるみたいな感覚。俺は急にカズマに電話してバーーって喋って、じゃ!みたいなことが時々ある笑

ちなみに昨日も電話した!

Kazuma:学が電話して来るタイミング、いつも悪いんだよなー。

昨日俺全裸だったし。笑

須藤:俺とじゅんも昨日4時間くらいしてたわ。

Jun:ね!

橋本:へー!俺ら3分くらいだったよな笑

タイミングはごめん、これから先も多分ぶっきらぼうにかけるわ笑

Kazuma: 3分もないね多分!笑

電話嬉しいよ!

でも、本当たまにで良いよね。笑

須藤:全裸だったらやっぱり3分くらいだよね!

ライバルって電話とかしなそうだよね

Jun:悔しいって思ったりする時もあるからライバル視してるって自分の解釈かな!

Kazuma:何にも分かってない時から一緒にやってきたから、お互い裸で居る気持ち!

ライバルだったら、手の内は隠すと思う。でもハルカミライに対してその意識は無いかな!

橋本:じゅん、めちゃくちゃ良いライブされてたりする瞬間はクーーーやべええ、、ってなったりするよね!!

リップスの打ち上げで裸になってみんなでおむつ履いてたしな!

Jun:そうだね!

ハルカミライは会う度にすげーってライブしてくるから毎回クーーーって顔しちゃってると思う。笑

橋本:次の質問行きますか?

Kazuma:結論があった方が良いんかな?

生まれたての赤ちゃんのまま、ずっと同じ関係です!

橋本:結論はどっちでもいいかもね!各々が答えれてるし!

次にいきます!

Kazuma:ほーい!



2. 勝てないこと、負けないこと

Kazuma:俺は学に対してだけど、勝てないのは吸収力かなー

どんなにインプットしたとしても、学の探究心みたいなものには勝てないって思ってる。

オタクだから。笑

須藤:かずまの男としての言葉では言えないカッコ良さみたいなのは絶対勝てないわ、顔とかじゃなくて。

顔もだわ。

Kazuma:やめてくれよ。笑


橋本:カズマに俺も近いような事思ってた!

カズマとジュンは昔からちゃんとヤンキーやってたから積み上げてきた度胸みたいなのがすごい。ヤンキーのスター性ってまじで憧れる。俺は陰キャラ出身だから出会う人出会う人を見てやってみるって方法しかなかったのよね!

須藤:それや!!!

学、俺たちの負けてない事探そうよ!

Kazuma:図太くいるってことは負けねぇって思ってるね!

でも、それがたまに自分の足枷になる時もあるからなかなか難しいけど!!

俊もバットフルスイングできるタイプのヤンキーじゃん

橋本:キモさは勝ってると思う!

須藤:まなぶ、酔ってないよね?

Kazuma:酔ってんの?

橋本:俊は知ってると思うけど、昔から俺唱えてた事があって。

一見、受け付けないこととかキモいって思ったことはのめりこむと最強になるって思ってるのよね!

一滴も飲んで無い!笑

オタクの観察により導き出した答えや。

Kazuma:そののめり込みが恐ろしいのよ。

橋本:フォローありがとう笑

須藤:まなぶ、いいじゃ~ん!オブザベーション!

それは俺たち自信あるね!!

考えすぎちゃう時あるけどね!

橋本:考え過ぎる時は本当メンバー頼りな男です。笑

Jun:ハルカミライの情報力はホントに勝てないな、一緒に船に乗るなら俺達は戦闘担当、ハルカミライは航海士兼作戦担当だね!



では次!なかなか時間かかりそうでスタート時間ミスったなと思ってます。笑

3. お互いの新作について

橋本:いえ!サクッと行きましょう!

Kazuma:最高だよ!

須藤:めっちゃよかったわ!!

Kazuma:タイトルも良いし!

Jun:めっちゃ良かった!

橋本:素直に本当かっこいいって思った!すげえ進化してる!

須藤:めっちゃさくっとじゃん。笑

橋本:これは行き過ぎてんな。笑

Kazuma:ハルカミライも結構挑戦してるよね?

須藤:してる!

今回楽器隊は結構エフェクターとかも色々試したり、音作りとかに初めてこだわったよー

Jun:曲の展開とかすごい面白かったし、音色も増えたり、ベースラインめっちゃ攻めてたね!

橋本:そうだね!!エフェクターの事とかよく知らんけど音作り含めアレンジでここまで曲が良くなるってすげぇ!!って自分らの曲に感動した!!

須藤:じゅんくん、キミいいねえ!

バンドとかやってるの?

今度俺の企画出てよ!

Jun:しゅん、それ専門で出会った時のやつやん

Kazuma:なんだこいつって思ったよね。笑

Jun:マジ驚いたな~あれは、、

かっちゃんと2人で居たんだけど、2人で目見合わせて、誰こいつ?ってなったよね!

須藤:ちょっと一旦そこまでにして!笑

Kazuma:「ろくでもねぇ」もなんか新しい感じした!

サビ終わりAメロ被ってくる感じとか、そこからコーラス入ってくる感じとか

Jun:確かに!

Kazuma:そういうポイントでグッときた!

これは作り手としての感覚かもしれないけど!

あ、これ曲に触れない方が良いんかな?

須藤:触れちゃっていいよ!触れて触れて触れまくれ!

橋本:オールオッケー!

須藤:俺かずまのバラード好きなんだよね!昔から!

あと「Shine」の最初のギターだけ残るところ変えたよね!

新しい方好き!

Kazuma:ありがとう!

「Shine」と「カクメイノヒ」は出来るだけ変えないようにアレンジした!

この2曲が入れられたのは俺も嬉しいんだよね!

橋本:「Shine」変わってておおお!ってなった!

あとインキー、ツービートが増えたよね!

須藤:あとねー、INKYMAPめずらしいかんじで2ビートあるよね!

そう!笑

橋本:笑

Jun:そうそう!

ツービートっていうツービート今まで無かったから、今回作ってみたんだよね!

Kazuma:2ビートの曲はずっとやりたかったんだけど、なかなかしっくり来るのが出来なくて、やっとバッチリなのが出来た!

Kazuma:「夏のまほろ」も好きだよ


Jun:「夏のまほろ」を聞いた時なんか懐かしい気持ちになった!

Kazuma:野球部の頃の滾ってた感じ思い出す

Jun:そうそう!

須藤:じゅんくん、キミやっぱりいいねえ!

本当に今度俺の企画出てよ~!

Kazuma:すどプレ

Jun:しゅん、それ専門で出会った時のやつやん(コピペ)

橋本:「Hearts」の頭弾き語りからのツービート超感動しそう。歌詞も泣ける。

「夏のまほろ」いいよね~!



では次です!

4. 八王子という土地について

Kazuma:治安が良くない

須藤:なのにあんまり絡まれない。魔法の土地。

先輩多いよね!!

Kazuma:俺とじゅんは上京して、初めて八王子行って一瞬で絡まれたけどね。笑

先輩多いね!!

橋本:今は仕事してる人達がほとんどだけど出会った当時、専門学生とか大学生とか沢山バンドがいて、あの頃はダサいなりに楽しかった!インキーだけかっこよかった!

Jun:やらはたね!

(※「やらはた」:INKYMAPとハルカミライが出演していた同世代イベント)

須藤:いろんな年代の先輩が沢山いて、ツアー始めたての頃とかは本当に助けてもらったよね!

「ここのコンビニは長く車止めてても怒られないよ」とか。

橋本:あと俺のこれ土地の話じゃねえわ!

ごめん脱線してる。笑

あったね!

俺らROUND1に一生車止めてたな。

Jun:俺もラウワン止めてた!あそこ職質多いよね!

橋本:え、俺一回もされた事ないけど、、

やっぱそういう星の下に生まれてるんだな。笑

Kazuma:されたことないの!?

Jun:え、そうなの!?!?

Kazuma:マジかよ、、

須藤:俺もない!

絡まれるのも、職質も、かっちゃんとじゅんの見た目だよ。笑

Kazuma:1日2回とかあるんですけど、、

Jun:そんなヤンキーみたいな格好してたかな、、

かっちゃんは歩き方ヤンキーだもんね!笑

橋本:ないよ!笑

ヤンキーのスター性が併せ持つ弱点だな!

かずま確かにガニ股でストライプの太いジーパンで歩いてたわ!

Kazuma:歩き方直したいのに直せないんだけど!

須藤:みんな好きな八王子のラーメン屋さんは?

Kazuma:打ち上げ終わりの”天徳”

(味の天徳 八王子店)

Jun:それは最高

Kazuma:あんまじゅん食わねーじゃん!

Jun:言うな言うな!笑

Kazuma:俊はどこなの?

須藤:俺はヨーロービルの前の"大海軒"かな!

Jun:こないだ電話した時言ってたよね!

Kazuma:まだ行ったことないから今度一緒に行こー!

八王子良いところだよね

須藤:ラーメン屋もあって、治安も悪くて、ライブハウスもあって、バンドも多くて、バンド始めるには最高だね

Kazuma:ちゃんと揉まれるしね!



5. ライブへの意識について

橋本:どうだろうな~、俺は結構考え込んじゃったりすることも多くて、メンバーに助けられたり、インキーのライブ見ると素直にやればいいんだなって思わされるよ!

Kazuma:素でいられるように意識してるかな

ライブ前にイメージはするけど

そのまんまで出来たら最高だと思ってる!


須藤:ライブは特別なものって忘れないようにしてた!だから今日は特別な日だ!

って口に出して言う時もあったなー。


あと負けを認めるっていうのは社長からの言葉でずっと意識してる!

Kazuma:学としゅんのライブ前の雰囲気とかは、凄いリスペクトしてるよー

何話してるかは分かんないけど、しっかり共有してるんだろうなって

そこは俺たちも意識してやるようになった!

須藤:たしかに俺と学が1番喧嘩するのはライブ前かもね笑

橋本:そうだね笑

喧嘩するのも俊の良いところが出てる結果で、俺がライブ以外であんまり我を出さないからちゃんと擦り合わせるためにいつからか聞いてきてくれてそれでライブ前に話すのがルーティンになったね!

須藤:INKYMAPはライブ前のルーティンみたいなのある?

Kazuma:ライブ寸前で話し合うだけかな!!

基本俺はそれまでずっとイメージしてて、そこで皆んなにこうしようって話す感じ

もちろん悩む時は相談するけどね!

須藤:あっ、俺一個あったわ。

ボーカルが1番すごいって事忘れないようにしてるわ。

橋本:おかげで自由にやれてます!

Jun:俺はセトリとか作ったりするんだけど、それ以外はあんまり考えないようにしてるかな!かっちゃん次第というか、その方がかっちゃんを100%出せるかなと思ってる!

須藤:やっぱりそうだよね!

Kazuma:自由にやれるのが良いね!

ハルカミライの自由度とはベクトル違うけど!笑

橋本:うん!だね!



では、6. 打ち上げへの意識について

須藤:うわあ、これは。

ナイーブだわ。。。

Kazuma:嘘つけ。笑

須藤:打ち上げもライブと一緒でメンバーのバランスめっちゃでるよね!

Jun:確かに!俊打ち上げホント凄いよね!

須藤:かずまよく全裸か、下だけ出してるよね?笑

Kazuma:今年はそれ控えめにする目標だから!

須藤:盛り上がって楽しい打ち上げが1番!には変わりないよね!

Kazuma:八王子で育ったからね、打ち上げ意識は高いよね。笑

Jun:だね!

久しぶりに一緒に打ち上げやると知らないゲームとかいっきのコールとかドンドン出てくるよね!


Kazuma:やり過ぎてしまうこともありますし、、

橋本:打ち上げは最近は俺だけ出ないこととかもあって、久しぶりに出てみると前線から離れてるうちにみんなの連携凄すぎてびびるときある。笑

Kazuma:俊と小松の連携は異常だよ

Jun:ハルカミライの打ち上げはチーム感凄い感じる

Kazuma:俺たちは単発で攻めてくからね!

Jun:そうだね!各々でって感じだから自由に飲んで潰れてる。笑

須藤:でも、コールとかゲームはとくにやらずにっていうスタイルを知ってからそれに憧れて離れた時期はあったよ!

THE NINTH APOLLOの打ち上げで1番学んだのはそこかも!

この2バンドの先輩だと39degreesの板東さんとクリさん、ただ2人で話してるだけなのにおもれー笑 みたいな

橋本:気合入ってる時のインキーは急になに!?て感じでブッ込んでくる印象ある。笑

須藤:INKYMAPは勇気があるよね!

俺と小松は念入りに打ち合わせしてるから!

Jun:いやいや、勇気とかなの!?

須藤:勇気だよ!

打ち上げには勇気が必要!

Kazuma:打ち上げはライブくらい大事っていうのは擦り込まれてるよね!

凄いかどうかじゃないけど、ライブと同じくらい思い出に残るから!

須藤:これで決まりだね!


7. 挑戦したいこと

Jun:47都道府県ツアーはいつかやってみたい!

Kazuma:まだ行ったことないところもあるもんね!

ハルカミライフェスとかやらないの?

須藤:フェスやってみたい!フェスっていうか大きなイベント!

先輩後輩友達が一度に集まるようなやつやってみたいんだいね。

INKYMAPは前ヨーロービルでやってたよね!

Kazuma:良いね!!

やった!自分らにしか出来ないことをやりたいっていうのは常にあるよね!

橋本:俺は先輩の話聞いて海外ライブだんだん興味出てきて、一回くらいは人生経験でやっときたいなあって思ったりする!

インキーは海外行きたいとかある?

Kazuma:おー!!ちょっと意外だ!

俺たちはずっと行ってみてーなーって話してるよね。

Jun:海外ライブね!

そうだね!海外っていっても凄い漠然としてるけど。

学は海外ならここ行きたいとかはある?

橋本:最初は絶対無理!って思ってたんだけどね笑 適当で意外と大丈夫だよって聞いて勇気出てきた

場所はとにかく安全なとこがいい!笑

マフィアとかいないところ!

Jun:そうだったんだ!

そうだね!絶対安全な所がいいよね。笑

須藤:みんなごめんね!

俺たちがフェスやる時のステージ名は

ハルカステージと

ミライステージでいいかな?

Kazuma:それでいこう!

Jun:いいと思います!!

橋本:ダサすぎてかっこいい。



次は、8. そもそも仲良くなった理由

Kazuma:バンドやってたから仲良くなったと思ってるよ!

バンドやってなかったら、同じ学校でもここまで仲良くはならなかった気がする。

Jun:うん!ホントにいつの間にか仲良くなってた!

橋本:だねー!ヤンキー恐えって思ってたけどめちゃいいやつらだった!

須藤:初会話はさっきも少し言ってた、

「君たちバンドやってるんだって?俺の企画出てよー」

だったんだよね笑

Kazuma:そう!まじで初対面で、まじの一言目がそれだもんね。笑

須藤:学校のベンチにカズマとじゅんが座ってて、俺が急に来てだっけ?笑

Jun:そうそう!

須藤:結構やばいな。笑


Jun:俊の勇気ヤバい。

Kazuma:学のことは最初どんなやつなんだろうって感じだったなー!

あんまり良い印象では無かったかな多分。笑

須藤:俺が学にかけた一言目も結構イケテルヨ!!

橋本:全然覚えてないけどかずまごめんな。笑

学校のトイレで小便してていきなり

ちょっと話あるんだけど、あ、喧嘩とかじゃないよ!

って呼び出された!

Jun:タイミング。笑

Kazuma:やっぱりおかしいね!

Jun:1番油断してる時だね!

須藤:仲良くなれて本当によかった!

橋本:全て俊がキーマンだな。笑

Kazuma:本当にいつの間にか仲良くなったね!

Jun:確かに!俊ありがとね!

須藤:あれ?学くんキミもいいね!

バンドやってる??

橋本:笑



9. お互いのバンドをプロデュースするなら、どこに口出ししたいか?(音楽面でも活動面でも何でも)

Jun:なんだこれ!

橋本:おー!

Kazuma:音楽的には提案出来そうな気はする!!

ここまで振り切ったのもありじゃない?みたいな!

でも、それは俺たちにもやってみて欲しいことでもある。

須藤:ありがと!

その提案今度個人的に聞かせて!笑

Kazuma:分かった!

橋本:なるほどねー!

難しいけどあげるとするなら

うんこーとか くそくらえ~ とかそのくらいの、良い意味での適当レベルの歌詞で歌ってんのをカズマの声で聞きてみたい笑 俺が言えたことではないけれど!

須藤:プロデュースするならば、

音楽的には俺今回のも前回のも本当に良いと思うからなにもなくて。

強いていうならじゅんにもっとライブ中にオラついてもらうかな!

本物の不良のじゅんを

橋本:いいねー!

Kazuma:これ結構面白いし、ためになるね!笑


Jun:本物俺って不良なのか、、、

でも気になるから今度教えて!笑

須藤:カズマ 不良のいいやつ

じゅん ちょいこわイケメン

りょうすけさん イケメン

てつお 不思議さん

って感じかなあ

お互い振り切らせたいんだね。笑


Kazuma:そういうことだね!

意識してみまーす!

須藤:次の新曲思いっきりやっちゃおうかなあ~!

Jun:一緒にスタジオ入ってあーでもないこーでもないはやってみたいね!

Kazuma:しゅんはもう少しだけベースちゃんと弾いてても良いと思うけどね!

まぁ、どっちでも良いけど!笑


須藤:かずまがこれ言うとみんな言いだすから!笑

すぐ次いこ!



はい!最後です!

10. THE NINTH APOLLOとは?

須藤:僕から失礼します。

今もずっも憧れです!

須藤:ずっと

です、、この誤字残して下さい。

戒めです。

Kazuma:俺たち自身はこれから始まって行くから、こうだって言うことはまだ何も言えないけど、信頼出来る先輩と信頼してる友達が居るっていうことが凄く大きなことだと思ってる!

Jun:そうだね。

俺達は最近入れてもらったばっかりだけど、かっちゃんが言うように前から凄い近くに感じていたレーベル。

今はこれから宜しくお願いしますって気持ちです!!

橋本:今は期待に応え合って行くような場所だと思ってます!社長いつもありがとうございます!

須藤:最後に白黒つけたい事あるんだけどいいかな!?

Jun:なにー?

Kazuma:どうしたの?

橋本:どうぞ。

須藤:INKYMAPとハルカミライはブラザーバンドって事でいいよね?

Jun:そうだね!俺達はブラザーバンドです!

橋本:もちろん!

Kazuma:双子ちゃん

これからもよろしく!

須藤:こちらこそ!

Jun:ヨロシク!!

長時間お疲れさまでした!

Jun:お疲れ様でした!

橋本:宜しく!

お疲れ様!



- 23:00 終了後 -


Kazuma:結構疲れた。笑

須藤:お疲れ!

今見返してたらめっちゃ長いわ。笑

橋本:3時間。笑

須藤:所々カッコつけないとなのが辛いよね。笑

Jun:ホントだね。ちょうど3時間。笑

Kazuma:まじ難しかったわ。笑

Jun:めっちゃ考えちゃってレス遅くてごめん!笑

須藤:全然大丈夫!!!

橋本:気持ち分かる~笑 大丈夫!

Kazuma:でも楽しかったよ~

Jun:みんなのおかげですありがとう!

お酒飲みたい、、笑

アフタートーク残しとこうかな!


須藤:いいね!

橋本:近々飲み行きたいね!

Kazuma:行こう行こうー!

Jun:お酒じゃなくて、酒のみてぇんだけどに変えといて!

須藤:そこかよ!笑

Jun:飲み行こ!笑

オラつき、、

橋本:意識的にヤンキー笑



……………………………………………


ハルカミライ

official web site ≫ http://www.harukamirai.com/


ハルカミライ presents「A CRATER」2019.12.08[Sun] 幕張メッセ国際展示場1ホール-LIVEダイジェスト


……………………………………………


INKYMAP

official web site ≫ http://inkymap.info/


「Goodnight And Goodbye」MV



© 2020 聞く聴く効く