vol.8 Atomic Skipper × BUNS RECORDSでインタビュー

7/8配信シングルについて聞いてみた。


配信、今の環境、聞いてみたいことラインだから聞けるインタビュー。



Atomic Skipper × 長崎慎 (BUNS RECORDS)

まこと(BUNS RECORDS)

なきゃの(Atomic Skipper/Vo.)

神門(Atomic Skipper/Gt.Cho)

久米(Atomic Skipper/Ba.Cho.)

カズキ(Atomic Skipper/Dr.)

2020年7月2日(木) 15:00

まこと:じんもん。。。w


久米:来ませんな、、笑


まこと:寝てる説w


久米:電話してみます!


神門がグループに参加しました。


まこと:きましたな


神門先生


神門:すいませんでした。笑


まこと:おはようございます!


じゃインタビュー始めましょう!! よろしくお願いします!


なきゃの:お願いしますー!


神門:よろしくお願いします!!


久米:お願いします!!


カズキ:よろしくお願いします!!!


神門:タバコ吸いながらですいません


まこと:まず 前日発表した配信限定シングル 「解放宣言」 について聞こうかなと!


神門:僕から答えるといきなり作曲者の答えになっちゃうからメンバーからで!


まこと:全員答えるスタイルw


神門:あれ、違いました?笑


まこと:いいよw


神門:じゃあ答えますね、笑


まこと:全員でいいよw 配信についてみんなどう思う?


神門:何もかも時代のせいにするのは好きじゃ無いですけど、一つの大きいムーブメントなのかなと。


なきゃの:私自身、サブスクで出会えた音楽がたくさんあるので、音楽を広めるには素晴らしいツールだと思います


久米:まだ配信のみのライブをやったことないので難しいですけど、今後も本来のライブの代わりにはならないとは思いますね ただ、配信ライブならではの良さもあるんじゃないかと思います!


カズキ:僕は正直、配信は前向きなイメージをもってました。自分たちの音楽を聴いてもらえる大きな入口になるかなと思っていたので


神門:聞いてくれる人は、どこでも、手軽に、試食気分で。 作り手は、常に試されてるし、自分と戦って本気になって。 すぐに成果が、目に見えるのがいいところですけど、 目先の結果以外にも大事なことはあるような気はしてます。 タバコも手巻きの方が上手いし。 否定的では無いけど、オールドスクールは信じてます。


まこと:久米、ごめん配信ライブじゃなくて 配信シングルね笑


久米:めちゃくちゃごめんなさい!!!


神門:俺じゃなくて久米くんが寝ぼけてない?笑


カズキ:笑


久米:すみません!笑 新しい挑戦ですが、聴いてくれる人達の入り口が広がると思ってるので前向きに捉えてます!!


まこと:スタートから飛ばすな。。。笑


ほうほう。 じゃみんな特にこう引っかかるものもなくスムーズにやれたのだね。 もちろん神門の言う通りCDの良さって一生続いて欲しいしそうあって欲しいよね。


神門:多分4人とも、配信音源については、肯定的っすね。 俺らも恩恵沢山受けてるし、出会った音楽多いし!


カズキ:そうですね!!肯定的でした!!


神門:そうですねー! CDで出会ったものは、一生ものな気がします


久米:ただ、CDを求めてる人も一定数いるのも事実ですよね、僕自身もCDを買って聴くことの特別感もめっちゃ感じます


なきゃの:そうですね!単純に私たちにもっと出会ってくれる人が増える機会だって思ったらやっぱり嬉しいですよね。


まこと:だよね。 俺は個人的には少し配信に抵抗と言うかどうしようかなって感覚はあってコロナの影響でライブできない、CDが出せないって状況でどうやってみんなに音楽届けるか考えて既存の楽曲の配信より新曲で配信したいなってなって。そしたら「ロックバンドなら」のデモ送られてきたときにこれだってなったんだよね。


久米:僕も神門からデモ送られてきた時テンション上がってすぐベースつけました笑 コロナで大変な時にメンバーみんな前向きだったのが何より嬉しかったです


神門:実際、僕にとってはいい機会だったのかもしれません。 一回立ち止まりたかった思いもあったし、 音楽に盲目的になってたし。 くしくも、ライブハウスが生活から無くなってから、それの大事さに気づけた瞬間、歌詞がかけました。 僕らにとっては新たなスタート、挑戦の意味でも配信は嬉しかったかな。


なきゃの:この自粛期間、人に会えない分、自分と向き合うことが多かったと思います。 自分がバンドマンとしてどうありたいのかって考える中「ロックバンドなら」のデモが送られてきて、やっぱこれだよなーーってすごい思いました笑笑


カズキ:僕もこの曲のデモと歌詞が送られてきた時にこの状況と照らし合わせて、すごくパワーをもらえた気がします!!


まこと:みんなめちゃくちゃ前向きだったよね。 自粛中一番動いたグループラインがAtomic Skipperとのラインだった笑 この期間にできたこの曲だからこそ少しでも早く出したいなって思って配信踏み切って結果としてはよかったなと。 とは言え4月からライブ一本もやってなくて且つ4月から仕事も退社して、自粛期間みんな何やって過ごした??


神門:僕は死ぬほど作曲しました、1日1曲以上のペースで、バンドサウンドもトラックメイクも何でも。 あとは模様替え?笑


まこと:あ~俺も模様替えクソやった笑 DIYも


久米:一気に仕事もライブも失ったようなものだったので何していいか分からず4月はずっと家の中ウロウロしてました、、笑 緊急事態宣言が解除されてからはかずきとスタジオガッツリ入ってました。 地獄のような練習、、


久米:僕なんか模様替えしすぎてただの和室を洋室にしましたもん


神門:今度俺の家の壁紙一緒に変えてください笑


まこと:まじでやりにいくよ?? 笑


神門:久米の部屋が一番進歩してるよな笑笑笑笑


なきゃの:わたしは一人暮らし辞めて引っ越しして、実家暮らしになり、実家の前でずっと1人七輪会やってました。


まこと:一人七輪会ってやばいな、、、笑


一人BBQってことかw笑


なきゃの:そうですそうです!笑 ホルモン焼いてビール飲んで、キングダム見る。これが正しい休日の過ごし方です。


カズキ:自粛期間入りたての時は僕も毎日ぼーっとしてました、、泣


なきゃの:とりあえず、仕事辞めてからは、とにかく体を休めたよね…笑笑


まこと:確かにみんな3月までは平日仕事、週末ライブでみんな休みなかったよね?


神門:そうっすね、打ち上げで潰れて玄関で起きたらそのまま仕事、みたいな。


久米:確かにそうでしたね、、 今思うとだいぶタフですね、、会社のトイレで寝てました


なきゃの:一時期、寝てなさすぎて私のクマがめっちゃ酷くて、メンバーにガチで心配されたことありました…笑


カズキ:1時間睡眠とかで仕事行ってた時もありました、、


まこと:過酷だね、、、 でいざ新環境で!ってなったらコロナでツアーも35本中28本キャンセルだもんね、、、


久米:さすがに滅入りましたけど、メンバーまことさんはもちろん周りの人達にめちゃくちゃ支えられましたね、特に磐田FM STAGEの店長こうへいさんには相当お世話になりました、、 かずきとかドラムレッスンしてもらってたもんな笑


神門:弊害は感じましたね、軌道に乗れないっていう。


なきゃの:本当に、神様意地悪すぎる!って思いました…。


カズキ:やられたー、、ってなったんですけど、プラスにとらえて出来る事をやるしかないなってなりました!


まこと:ほんとびっくりするくらいタイミング重なったよね。。。 ファイナルシリーズも全て延期。。


神門:俺らよりも、ずっと大変な思いをしてるライブハウスの店長さん、スタッフの方々のことを考えると、ワンマンも埋めれない僕らの無力さを呪ったし、弱音は吐きたく無いなって思いました。

もちろん、いい意味で。


まこと:緊急事態宣言終わってから久米とかずきずっとスタジオ入ってたんだよね? RECのときにびっくりした。


なきゃの:REC、まじですごかった… かずき、ローカルヒーローは一発撮りだったもんね


まこと:おれもRECでかずき叩いて すぐめっちゃ上手くなってるじゃん!ってびっくりした。


カズキ:しっかり練習の成果が出てよかったです、、!!


久米:スタジオに篭ってましたね、、笑 クリック流して同じ曲連続で1時間くらいやってました笑 神門がめちゃくちゃハイペースでデモ音源送ってくれるんでやらなきゃって気持ちになりましたね、いい意味で


カズキ:自粛期間前半びっくりするほどなにもしてなかったので焦ってかなり入りました、笑


神門:答えてくれるメンバーに感謝です。笑


カズキ:7、8時間入った日もありましたね笑笑


久米:そこまで入ると感覚おかしくなるよね笑 逆にテンション上がってたもんね


まこと:磐田FM STAGEの店長こうへいさんには感謝だね。 めちゃめちゃ手厚くサポートしてもらってるよね。


神門:かなりサポートしてくれてます。 恩返ししたいです。 UMBERにも。 名古屋行くのと同じくらい距離があって、なかなかお金がない今、行けてはないんですけど…


なきゃの:大事に思ってくれる人が周りにいてほんとに幸せ者です。 諦められないなって改めて思います。


カズキ:この自粛期間こうへいさんには普段以上にお世話になりました!!絶対恩返ししていきたいです


久米:こうへいさんには本当に感謝しかないですね、、幸せです


まこと:FM STAGEと同じくでUMBERにも全く同じ雰囲気を感じるよね。 ホームが二つあるというか。 帰るところが二つあるっていう。


神門:それだけ静岡県全体が、チームのような雰囲気を勝手に感じてます。


なきゃの:めちゃくちゃ心強いです…。


神門:先輩にイカスタンジャケット、リングマイヘルや、 Track’sは同い年やし、 ベース、ドラムは年下のバッテンがいるし。


カズキ:そうですね。どっちも大好きで大切なライブハウスです


久米:一緒に馬鹿騒ぎしてくれたり迷いがあるときに正してくれたり、時に叱ってくれたり、、本当に温かいです


まこと:静岡の今の音楽シーンって本当にいいよね。 見ててカッコいいなって思うしちょっと嫉妬する笑


久米:地元に本当に張り合えるバンドがいるっていうのは誇りですね


神門:ツアーで東京、名古屋の間で飛ばされがちなこの県でも、 束ねてくれるライブハウス、人、のおかげで伸び伸び育ててくれた気がします。 噛み砕きは必要でも、この人達の言うことは間違いないと思える。


まこと:ちなみに 気になってる、意識してる、ライバル視なんでもいいから思ってる静岡バンドとか知りたいな!


神門:意識してるのはTrack’sとイカスタンジャケットですかね。


久米:サウナガールが気になってます!! 気になってるというか、単純にいろんな人に見てもらいたいです。


なきゃの:意識してるのは、Track'sです。Track’sの知名度が上がると同時に色んなバンドマンやお客さんが静岡に来ることが増えたなって感じてます。 だから私たちのバンドでも、静岡にバンドやお客さんをちゃんと連れてきて、お世話になった地元のライブハウスに恩返ししたいなってずっと思ってます。


カズキ:Battenはジャンル全然違うんですがかっこいいバンドです!!


まこと:今あげたバンド全部いいバンドや。。。 サウナガールのライブ見たことない見たいんだよね~ ほんといいバンド多いな~


神門:静岡って各バンドに対して、いい意味で結構興味ないバンドが多くて。 気になっていても俺らは俺ら、っていう、成熟した精神のバンドが多い気がします。 やっと俺も少しずつそうなれた気もします。


久米:確かにそういうのもあって、各バンド全然ジャンル違うのに、ずっと自分達のイケてる音楽を追求できてるんだと思います


なきゃの:たしかに!自分を持ってるバンドばかりだよね。 だからこそ、このカッコいい静岡の音楽シーンがあるんだろうね。


カズキ:同感です!!すごく誇りを持てます


まこと:その中で FM STAGEとかUMBERの色があるのはすごいいいよね。

UMBER吉光さんとかと嫌いな人いないでしょw


久米:いませんね確実に、、笑


ジャンルは違うのに不思議とほとんどのバンドから同じようなマインドを感じるのはFM STAGEとUMBERが育ててくれたからだと思ってます。


神門:いまだに吉光さん、怖いですけど、きっと僕にとっては一生、優しく、威厳ある先輩、大人なんだと思います。笑


まこと:怖い笑


なきゃの:わたしに関しては吉光さんサシ呑みする仲ですからね…笑

ホントに優しくて、強くて。 カッコイイ人です。


まこと:それずるいんだよなー!羨ましい!


カズキ:今までに静岡の先輩バンドが作ってきたシーンとかもあるかと思いますね。


神門:だいぶ配信から飛んじゃってすいません、笑


まこと:いや笑フリートークだから脱線してもいいよ笑 ちなみにおれが聞いてばっかだけど メンバーからおれやメンバーからメンバーに聞きたいこと無いの?笑笑


なきゃの:はい!まことさんから見たAtomic Skipperってどんなバンドですか??


神門:承認欲求の塊みたいな質問!!!笑


まこと:うわっ難っ笑 ちょっと待ってね笑


なきゃの:改めて、聞いてみたいなって…笑 いきなり難しい質問ですいません笑笑


久米:じゃあまことさんが考えてる間になきゃのがいつも自撮りで使ってる盛れるアプリ教えて


なきゃの:圧倒的、ユーライク!!!!


久米:ありがとうございます


なきゃの:いや温度差


まこと:ベクトルと行動と意思がきれいに合致してるバンド、 芯もあるけど柔軟性あるバンド あと頭良さそうでどこか抜けてるバンド笑 かなー!


なきゃの:ありがとうございます! たしかに、どこか抜けてるのは否めない…笑


神門:ベクトルと思想の統一は、僕がヒトラー並みにやったかもしれないです。 負の遺産かも。笑 みんなよくついて来てくれてるなって心の底から思うっす。


まこと:ヒトラー笑


カズキ:嬉しいですーー!


神門:オアシスのスーパーソニックってドキュメンタリー映画に、リアムかノエルのバンドに社会主義はあり得ないっていう台詞があるんですけど、まさしくそんな感じです。笑


久米:だからこそケンカはだいぶしましたね笑


神門:そうだね、久米とは特に沢山した。笑 常にメンバーが振り向く曲を作り続ける代わりに、誰にも負けたくないというか。メンバーにモテたいんですよね笑


まこと:なんか打ち上げ中に電話かかってきた気がするわ笑


久米:そんなこともありました笑 もう殴り合いはしたくないですけど、いざという時のために鍛えます


神門:すいませんでした、、、ほんと笑


なきゃの:鍛える笑笑


神門:そのために朝倉未来のYouTubeみてるのか?!


まこと:殴りあったらおれが止めに入るから大丈夫だよ笑


カズキ:頼もしいです泣


神門:その時も吉光さんに止められた記憶が断片的にあります。。笑


まこと:笑


結構インタビューしてるな笑 どれだけやったら良いのだろ笑 あとおれ聞きたいことが2つもあるんだけど笑


神門:かいつまんで次のお題いきましょう笑


まこと:はい笑


神門:俺もメンバーも喋りたがりなので笑


まこと:ガンガン喋って良いからね!(カットするので) ※結局ほぼノーカットでした。


久米:あざす!!


カズキ:はい!!


神門:たすかります!


なきゃの:ありがとうございます!


まこと:レーベルバンド(SUNs/moon drop/SideChest)の中で気になってる人はだれ?(性的な意味では無い)

理由も!


久米:個人ですかね?


まこと:個人でもバンドでも!


久米:moon dropのともやさんから俺の方がベース上手いって言われたのでチクショウと思ってますね、笑 張り合えるっていうとおかしいかもしれないですけどベースに関しては尊敬してます! ベースに関しては


神門:SideChestの克俊さんと松岡さんの関係値の作り方は気になります。 作曲が2人で、お互いの曲をどう思ってて、どうエゴを抑えてるのかとか。


カズキ:僕はSideChestはジャンルは違うものの聞いてくれてる客層が近い気がするので、いつも気になってはいます。


なきゃの:moon dropのひゅうやさんです! あの人の歌に対する気持ちが痛いぐらい伝わってくる、そんな表現力に嫉妬します。笑 真っ直ぐで強い部分と、ほんのちょっとの頼りなさがあるキャラクターも好きなんですよね。


頼りないって言ったの怒られるかな…


まこと:いけいけー!


久米:あとSUNsのしょうさんにはめちゃくちゃ感謝してます、僕らとまことさんを繋げてくれた人なので


まこと:確かに。 SUNsがAtomic Skipperと初対バンの時かな? しょうから興奮気味に磐田にやべぇ若手がいるって連絡きたもんな笑


久米:3、4年前の磐田ですかね笑 それが今に繋がってるのがすごい嬉しいですね


なきゃの:人と人との繋がりってホントにすごい、感謝しかないです。


神門:BUNS RECORDSにお世話になるか悩んでいた時も、しょうさんから電話をもらいました。 こっちが大雨で洪水みたいになった時も。 ホントに一生お父さん的な先輩です。頭上がらないです。


まこと:意外にあいつそういうとこあるんだよね。 イベント終わりでも毎回ありがとうございました!って熱く連絡くれるし笑


神門:SUNsが世代問わず愛されているバンドなのがわかります。 人間力、つけたいです。


カズキ:僕に関してはバンズツアーで初めてSUNsと対バンしたのでまだ出会ってからそんなに経ってないんですが、頼れる先輩です!


まこと:話戻るけどおれは久米のともやのベースに関してはってフレーズが気になりすぎてる。


久米:なんて言うんですかね、、愛すべきクズっぽさというか、、


そんなところも好きなんですけどね笑(ごめんなさい)


まこと:わかるわー笑


SUNsてつや/moon dropともや/SideChest戸田/ Atomic Skipperカズキ

このラインね笑


カズキ:え???


なきゃの:ライン笑笑


神門:鉄壁…なのかおんぼろなのか…


久米:その並び見るとなんか安心します


カズキ:ちょっと待ってくださいよ、、、


まこと:遊びたくなるよね


久米:ちょうどその四人でバンド組めますね笑


まこと:そのバンドやばそう。


カズキ:ちょうどみんな後入りメンバーですね なんか共通する何かがあるんだろうか、、笑


まこと:確かにみんな後入りだw なんかあるのかなw


じゃ最後の質問!

このインタビューの主宰でもあるTHE NINTH APOLLOのあきらさんについて聞きたいな!


カズキ:僕はまだ旭さんとしっかりお話ししたことないんですが、いつも先手を打って物事を考えている方だなと思います!! 今度しっかり挨拶させて下さい!!


まこと:ここでまさかの挨拶笑


久米:冷静かつ大胆なイメージがあります。それでいて一人一人とちゃんと関わってくれる、そこが多くの人の憧れる理由なんだと思いました。 挨拶伺った時も、多くは語らなくても見抜かれてる感というかをすごく感じました。今後もっと関われるよう頑張ります!!


まこと:お前は意気込みか笑


神門:俺の完全主観ですけど、 理屈や裏付けに基づいていい意味で、突拍子のないことや革新的なことをする天才だと思っています。 先見の明があるというより、あの人の通った後に道ができるような。

今も俺らはこのインタビューでその舞台にあげてもらってるので。

ただ、こんな分析をしてるからこそ、俺は旭さんに掴んでもらえてない気がします。 正直、なきゃの羨ましい笑笑


なきゃの:あきらさん、数回しかお会いしてないのにすごく可愛がってくれて、、、 ちゃんとお話ししたい!ってずっと思ってるのにあきらさんと一緒にお酒呑むと絶対に潰れて記憶がもれなく無くなります…


まこと:分かる笑 おれもすぐ記憶飛ばすわ、、笑 レーベルツアーの大阪編なんて記憶無くすわ俺大泣きするわで地獄みたいだったわ笑


まこと:じゃ最後に 配信シングルについて一言締めの言葉ください~!


神門:みんな先に言ってー!

作曲者先いうと言い出し辛くなるから!笑


まこと:オオトリは神門先生ってことですね!


神門:そこは編集でかっこいいこと言った順に分けてください!笑笑


まこと:笑笑


久米:一言で表すと「希望」です! 自分達の音源なのにめっちゃ聴いちゃってます、みんな聴いてくれるといいなぁ


カズキ:こんな世の中だからこそロックバンドに頼ってほしいし、僕らの音楽で勇気づいて欲しいです!! 配信シングル「解放宣言」ぜひ多くの人に届いて欲しいです!!


なきゃの:今回収録した「ロックバンドなら」と「ローカルヒーロー 」は新曲と懐かしい曲です。私たちバンドマンは、誰かの誇りでありたいし、憧れの人でありたい。 月日が経つなかで色んなことが変わりましたが、私たちの変わっていない、誇れる部分が楽曲になっています。 ぜひ出会ってください!


神門:文字通り解放宣言です。 時代に流されてこの言葉にしたわけではないし、自分で納得のいく答えを見つけてくれたらそれでいいです。 だからこその過去曲と新曲です。 よろしくお願いします。


まこと:この順番だな!笑 結構インタビューしたな笑 長々とありがとうございました!!


神門:時間沢山かかったっすけど楽しかったです!笑 ありがとうございました!!!


久米:ありがとうございましたー!!


なきゃの:ありがとうございました!


カズキ:ありがとうございましたー!


まこと:三時間笑 お疲れさまでした!


久米:でも楽しかったです笑



……………………………………………


Atomic Skipper

official web site ≫ https://atomicskipperoffic.wixsite.com/info


<Atomic Skipper Official Twitter>

@Atomic_skipper

https://twitter.com/Atomic_skipper?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor


<Atomic Skipper Official Instagrum>

@atomic_skipper

https://www.instagram.com/atomic_skipper/



「幸福論」MV


© 2020 聞く聴く効く